外国為替市場が動いて

おもてなしの初心者 > 情報 > 外国為替市場が動いて

外国為替市場が動いて

実際にコンピュータの前で、いつも変動している為替レートを見ると直ちに取引をしたくなるという思いが沸き起こる方も少なくないだろう。

 

だが、あやふやな思いで売り買いをするのだけは絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、相場は昼夜を問わず、どこかの国のマーケットは変化しているし、市場もいかなる時でも、動いています。

 

だからといって、取引を積んでいくとその回数だけ損をするリスクが高くなってしまいます。

 

当たり前ですが、トレードの回数を重ねることによって勝利する確率が50%、50%になるのは事実。

 

でも「なんだか分からない感覚で注文」することとは話が違います。

 

売り買いの回数を増やすということは自ら「ここで勝負」と思いついたチャンスを持った場合のトレード回数を積み重ねるという意味です。

 

ただ、のべつ幕なしトレードを積むのとは大きく違います。

 

市場の戦いに勝つためには、自分が意識して緩急をつけることが肝心です。

 

「ここは勝てる」と思えた市場の時には、所持ポジションを増やして集中して利益を追求する。

 

「ちょっと分からないマーケットで、どう変化するのか思いつかないな」と思案した時は、諦めてポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。

 

そのくらいの緩急をつけた方が最後に注文は勝利します。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったく言葉どおりだと感じます。

 

取引とはいついかなる時でも売買ポジションを所持する事が全部ではなくどの売買ポジションも所持せずじっと見ていることも時には、必要です。

 

そうであるならば、どの場面で、休むといいのでしょうか。

http://kamashin2013.cocolog-nifty.com/blog/

ひとつは、前に述べたように、これから先の市場が曖昧で難しいときです。

 

これからどうなるのか決断できない時は、間違って判断すると、書いた物語とは違った方向に外国為替市場が動いてしまい、損をする事になります。

 

こうした状況ではポジションを減らして、そのまま何もしないで様子を見ているのがいいでしょう。

 

もうひとつは、あなたの体調がよくない時です。

 

体の状態と市場に関係しないと考える方もいますが実際には思いのほか関係があります。

 

体の状態がよくなければマーケットの失敗できない局面で、冷静な判断ができなくなります。

 

気乗りがしない時はFXから離れる事も必要な事です。

 



関連記事

  1. ひざ下の脱毛はなんぼほどかかるんでしょうか?
  2. 外国為替市場が動いて
  3. もしものために
  4. お待たせするならダウンロード漫画を
  5. ブランディアで個人情報が流出するってマジ?迷惑メールが届くようになる?
  6. テスト